闇金ウシジマくん ウシジマのイキザマ



ヤミキン


「、、、、、、、、、、、、、、、、、」
ある作品の最終巻を読み終えた俺は何とも言えない不思議な感情に包まれていた。
作品の名前は闇金ウシジマくん。ついに完結したのだ。非常に感慨深いものがある。
だけど実は途中で何度か読むのをやめようと思ったんだよね。
似たような話もいくつかあったし、それ闇金関係なくない?てな事も感じたし。

結局やめれなかったけどね。
だってまるでドラッグのように中毒性のあるマンガだから。

タバコはやめれたんだけどさ
闇金ウシジマくんはやめられない。


丹念な取材に基づいたであろう描写がまた妙にリアルさを感じさせるんだよ。
単純に闇金悪い!怖い!な物語じゃない。たまにホロっとさせる話もあったりするし。
タイトルだけ見ると闇金を持ち上げてる感じがするかもしれないけどさ。
決してそんなことはない。ちゃんと第三者的に闇金を捉えているよ。

それにしても、、、お金に振り回され堕ちていく人間の弱さが心に響く。
目を背けたいような、でも直視しなきゃ!みたいな。
残酷なだけの話ならこうはならない。闇金ウシジマくんは人間がしっかり描けているね。
絵はしっかり描けてないような気がするけど。なんか変なんだよね、顔とか。

でもそれが作品に凄く合っていて味が出ている。
カイジとかもそうでしょ。主人公の鼻とかありえねーし。
個性とはそういうもんだよ。


うちの本棚には闇金ウシジマくん全46巻ずらりと並んでいるよ。
電子書籍?確かに便利だけどこの作品は紙の本で手元に置いておきたい。
本棚が負のオーラを放っちゃうけどね。

ああ、どうやら客が来たようだ。
「いらっしゃいませ。今回はいくらご入用ですか?」



「当店は健全な闇金です」

粘液マンガ


闇金ウシジマくん、非常に良く出来た犯罪マンガです。
最近の作品にはあまり見られない心に突き刺さる描写がたまらない。
なんですが、、、実は違う側面もあったりします。
ねっとりベタベタ感を楽しめるマンガでもあるんですねぇ。

いわゆる粘液マンガ(そんなジャンルあるの?)。登場人物は色んな粘液を体から滲ませます。
基本的に粘液は老廃物ですから奇麗じゃありません。
しかも作品では敢えてバッチい感じで書いてます。
それがまた闇金ウシジマくんの作風に凄く合う。日本酒に合うおつまみの代表格、”塩辛”みたいな。

汗、涙、涎、唾、洟、便、、、、


作中にはあらゆる体液が出てきます。もちろんみんな大好き!体液交換による汁も。
大人のマンガですからね。しかも体液交換の様子もバッチリ。

女性が望むような甘いベッドシーンなど皆無。
ギトギトした欲望に塗れたセックスシーンが展開されます。
男性が読むと自らを戒めるかもしれませんね。
「俺もこんな感じなのかな、、、」


そんな粘液だらけの闇金ウシジマくんなんですが。
実は主人公であるウシジマくん、ほとんど粘液出さないんです。
そりゃもう異常なほど。汗以外は作中見たことがない。

汗についても作品終盤にかなり追い込まれた時に少しかいたぐらい。
つまりかなり長い間汗もかかなかったという事です。
人間は緊張すると発汗します。つまりウシジマくんは緊張しない人って事!


「あんた人間かよ!」
思わず言いたくなります。
実はウシジマくんはサイボーグ、もしくは地球外生命体なのではないか?
そんな疑念も出てたぐらいですから。

体液出しまくりのモブキャラ。
体液出しなさすぎの主人公。
この対比も非常に面白いですよね。



“粘液映画の最高峰。併せてどうぞ”


世界は戦いに満ちている


「面白いマンガ知らない?」
多くのヒト科の生き物がこう言ってるのをあなたも聞いたことがあるはず。
そう、人間は面白いマンガに飢えている。それは年齢を問わない。
当然チルドレンたちも面白いマンガを読みたいと思っている。

そこで当館は子供たちに闇金ウシジマくんをオススメしたい!
ただ闇金ウシジマくんは完全に大人向けのマンガですよね。
でもね、お金の怖さをしっかり学べたりもするのでぜひ読んで欲しい。


“子供=バトルマンガ大好き!”
我々の住む世界ではこういった公式が成り立っております。

実は闇金ウシジマくんって
バトルマンガでもありますから。

そっち方面の魅力を表現してみますね。

~闇金ウシジマくん あらすじ(小学生向け)~

「闇金王におれはなる!!!」
強くなるため、精進(&集金)を続ける闇金戦士ウシジマ。
そんなかれの前に何度となく立ちはだかる者ども。

いつしかかれの周りには仲間が集まり始める。
そして最大の敵、ナメリカワとの対決へと向かうのだが、、、
ウシジマは破れてしまう。

だがウシジマはくじけない、へこたれない。
強敵(とも)達がかれを強くする。
新たな仲間を引き連れ再びナメリカワと戦う事を目指して。
俺たちの戦いはこれからだ!

~闇金ウシジマくん主要登場人物戦闘力比較~


うしじま かおる(丑嶋馨)
お仕事 闇金
戦闘力 50000



なめりかわ ひでのぶ(滑皮秀信)
お仕事 ヤクザ
戦闘力 60000
 



にくまむし(肉蝮) 
お仕事 犯罪者
戦闘力 55000
 



はぶ(飯匙倩)
お仕事 ヤクザ
戦闘力 32000
 



がくと さんぞう(鰐戸三蔵)
お仕事 アウトロー
戦闘力 37564



ししや こうじ(獅子谷甲児)
お仕事 キャバクラ経営格闘家 
戦闘力 53000



てんじょう かける(天生翔)
お仕事 詐欺師
戦闘力 200



むらた くみこ(村田久美子)
お仕事 教祖
戦闘力 800(覚醒後は100000)



“そりゃ暴利過ぎだろ”


闇金から光金


人間が生きていくうえで必要不可欠なものである”お金”。
ただのシステムだったものが人の欲望と絡み合い今では化け物のような存在に。
怖いですよ、お金は。貧乏は心を荒ませますしね。
ただお金に対する恐怖はちゃんと飼いならさなければいけない。

闇金ウシジマくんはそんなお金をめぐる愚かな人間たちのやり取りで魅せる物語。
完結した今こそ通して読みたい作品でもあります。
一気読みすれば暗黒面に堕ちかねない危険な作品?
確かにそうですけど、それだけの価値がこの作品にはある。

“終わり良ければ総て良し”

この言葉をしっかり実践したマンガは少ない。
果たして闇金ウシジマくんの終わりはどうなのか?

お金とちゃんと向き合うように。
闇金ウシジマくんの最後にも向き合ってみてはいかがでしょうか。


お金をめぐる争いごとに終わりは訪れるのか?
闇金が光金に代わる世界の登場はあるのか?

どちらにしてもお金という存在は決してなくならないはず。
お金が存在し続ける限りウシジマくんも我々の心の中に存在し続けるのだ。
ウッシッシ。

闇金ウシジマくん (46) (ビッグコミックス)

新品価格
¥638から
(2019/9/11 10:58時点)


2019-09-11 | Posted in コミック, , その他Comments Closed 

関連記事