ドラゴンヘッド ド・ド・ド・ドラゴヘッ!



ドラゴン?へッ!


「週末に終末ものを楽しむのが好き!」
こういった方、最近増えてきてるんですよ(多分)
今回紹介するマンガ、ドラゴンヘッドも終末ものに分類される作品。

「けっ!マンガかよっ!」
今時こんな事言う人いないと思いますけど。
はいマンガです、とことんマンガです。マンガは最高だぜ!


一体ドラゴンヘッドとはどんな話なのか?

名曲ボンバーヘッドを
替え歌にして説明します。


その方が皆さんもわかりやすいでしょうし。
あ、出来れば歌いながら(&踊りながら)読んで下さいね。

Dragon Head!Dragon Head!燃え出すような 熱い土石流
Dragon Head!Dragon Head!無茶して死んだ本当の俺が

Everytime 死ぬ 人が死ぬ 今日一日でとにかくたくさん
Everytime 叫ぶ 人が叫ぶ 私を見捨てないでと
Letsgo!

路上に弾けるコンクリート 避ける勇気が宝もんだ
汗まみれ 街は崩壊 まずは今宵人間狩りもいいんじゃない


ってもういいですか?なんか面倒くさくなってきたんで。
え?なんだかよくわからなかったって?別にいいんです!
だってドラゴンヘッドってよくわかんない話なんだから。



「ドラゴヘッ!」

投げっぱなし望月


「で、結局ドラゴンヘッドってどんな感じの話?」
わかりやすくいいましょう。
富士山が大噴火を起こして大地震が起こるっていうディザスターパニックものです。
ただ作者が癖のある人なので、一筋縄ではいかない感じ。


主人公の高校生カップル?が大地震による新幹線脱線で生き残ります。
さらにミニラが怒る!ぷーやんがつっこむ!ちっちょが!、、、
「そいつら誰なんだよ!人間は出てこないのか!」
思わず声に出ちゃいました?すみません。

安心して下さい。これってみんな単なるあだ名ですから。
もちろんちゃんと人間は出てきますよ。ただ大勢の人間が既に死んでいます。
生き残ったのはおかしな奴らばかりな感じ。
さすがに主人公はまともですけど。変人にしたら一部の人にしかウケませんから。


ちなみに主人公の男子高校生とヒロインの女子高生、ルックスいいです。
まぁ、ビジネスとしてのマンガって事を考えると仕方ありませんよね。
でも著者の望月氏、彼は変なキャラクターの描写が真骨頂なんです。


その点はドラゴンヘッドでも同じ。
頭がBOSEのキモイ奴、自衛隊のエゴ丸出し野郎、ボディペインティングしたオタク、、、
たくさん出てきます。

そいつらが黙示録の世界をサバイバルする、、、
謎めいた、しかも先の読みにくい展開はもうたまりません。

しかもちゃんとキャラクターが生きている。


だから作品世界に入り込めやすいんです。
ただ、、、その代りといっちゃなんですが、お話は違う意味で衝撃のラストを向かえます。
ここでは詳細を語りませんが、、、まさかの○○○なエンディング!
空いた口が塞がらずに口中カピカピ必須です。



「え~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!」

人間よ、汗をかけ


誰も気付いていないようだが、ここである法則をぶち上げたい。

“粘液の使い方が上手い作品は名作である”


例えば、遊星からの物体Xという映画がありますよね(コラムはこちら)
人類の敵として登場する物体X、奴が分泌する粘液のねっとりぶりがとにかく凄まじい!
とろろ汁より粘ってます。

他の映画?ビデオドローム(コラムはこちら)なんかもそうです。
やっぱりホラー系が多いですね。特に1980年代に創られた映画。
この時代は粘着質バンザイ!な世相でしたから。


もちろんマンガにもあります。例えばAKIRA!(コラムはこちら)
島鉄雄がヨダレを垂らすんですが、これが実にカッコよく見える。
「あ、、、ああ、、、」
呟きながら口の端から流れ出るヨダレ!
僕も昔(今も)よく真似しましたもんです。

で、ドラゴンヘッドで活躍する粘液は何か?
それは汗!ドラゴンヘッドの真の主役といっていいでしょう。


とにかくじっとりして不快な感じが伝わってくる。
しかも災害時ですから、みんな常に汗をかいている状態。

「あ~、シャワー浴びたい!」
綺麗好き女子じゃなくても読んでてそう思うこと必須。
お風呂嫌いの僕ですらそうでしたから。


冬に読めば暖かくなる事必須!暖房代わりにドラゴンヘッド!
夏に読めば暑苦しくなる事必須!新陳代謝向上にドラゴンヘッド!
う~ん、いい汗かいたぜ!



「粘液最高!汁汁汁!」

龍頭な一日


どうですか?ドラゴンヘッド、楽しみたくなってきたんじゃないですか?
そんなあなたに!あらゆるドラゴンものを一日かけて楽しむプランを提案します。
別にいらない?あっそ!

いいもんね、そんなのお構い無しで強引に紹介しちゃいます。時代は強引!
これがドラゴンまみれの一日だ!

 
中日ドラゴンズのテーマ曲を歌う(近所から苦情アリ)
まずはダンジョンズ&ドラゴンズをプレイ。多人数アクションRPGの傑作。
カプコンの黄金時代を象徴する一作。パーティープレイが楽しすぎる!
朝からテンションMAXだぜ!

 
映画ドラゴンスレイヤーを観る。あまり知られていないがこれ中々の秀作。
特にドラゴンが火を噴く描写がたまらない。
「ぶぉ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!」
こんな感じ。ドラゴンといえばこれだ!
え?ダンジョンズ&ドラゴンズの映画版?危険!触るな!

昼過ぎ

ドラゴンボールを読む、、、だがドラゴンボールは長過ぎるので却下。
同じ理由でドラゴンクエスト ダイの大冒険も。泣ける名作なんだけどな。
ここはドラゴン桜をチョイス。受験ものだけど。
受験は関係ない?バカ野郎!人生=受験なんだよ!

夕方

 男ならそろそろエロ成分も欲しいところ。なので18禁エロゲー、ドラゴンナイトをプレイ。
自家発電に励むのもいいだろう。ドラゴンは精力絶倫だしね。
だが君は人間だ。明日の事も考えて回数は程ほどに、、、
   
 

ドラゴンヘッドを読む。10感という長さは読破するのには丁度いい。
ただ全部読み終わったら頭の中を色んな事が駆け巡って眠れなくなると思うけど。
だがそれがいい!それが龍頭状態、つまりドラゴンヘッドなのだ!
君は手に入れるだろう、ドラゴンヘッドを!

 

「ワシも読んだよ。感想?またにしてくれんか」

ドラゴンヘッド 全10巻完結(ヤンマガKCスペシャル ) [マーケットプレイス コミックセット]

中古価格
¥757から
(2018/9/3 16:44時点)


2018-09-05 | Posted in コミック, スペクタクル, No Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA