バットマンVSスーパーマン ザック・スナイダーVSザック・マニア


91MuZ38VomL._SL1500_

ザックを見なかったか?見た?バカ!それがスナイダーだ!


「俺はザック・スナイダーが好きだ!」
こう叫ぶことの出来る人間がどれだけいるのだろうか。
もちろん俺は出来るけどね、てゆうかたまに叫んでるしね。

ちなみにザック・スナイダーの職業は映画監督。職場はハリウッド。
色んなアクション映画を撮っているんだけど、批判も結構浴びてます。


中にはザック・スナイダーを甘やかさない市民の会なんていう
急進派もいたりなんかして予断を許さない状況。

そんな折、超大作バットマンVSスーパーマンの監督を一任されたザック。
当然イヤな予感がしたんですが、、、まさに的中!


批評家からは酷評、映画ファンからは賛否両論。
いけないムーブメントを巻き起こしました。
おかげで劇場に観に行く予定だった俺も方向転換を余儀なくされる事に。

沖田艦長の気持ちがよくわかりましたよ。

急には動きを変えられないんだ。


ただ俺はザック・スナイダーと非常に相性がいいんですよね。
ウォッチメンは最高だしエンジェル・ウォーズも好き。
マン・オブ・スティールすらかなり楽しめましたしね。

だから心配せず、いきなりブルーレイを買いました。
ちなみに通常版とアルティメット・エディションの2種類あり。
アルティメット・エディションは30分程長いバージョンが観れる一品。
「ハイ!ザックだよ!本当の僕はここにいるよ!」
ザックの心の声が聞こえた気がしたので迷わずアルティメットを選択、当然ですよ。

Man_of_Steel-Superman-Amy_A
“エイミー・アダムスも羨望のまなざし。こいつがザック・スナイダーだ!”

気持ちがどんどんどこどん


ワクワクドキドキしながらディスクをプレイヤーにセットしました。
こんな気分は久しぶりですよ。

2000日頭を冷やせとある男に言われて以来じゃないかな。
とにかく観てみました。


話が進むにつれ自分の顔色が変わっていくのがわかる。
何だコリャ感がドンドン高まっていく感じ。
映画スカウター?の数値もそれに合わせドンドン下がっていく。

ラストバトルで盛り返しましたが、、、
それでも最終的に微妙な評価になりました。

駄作じゃないんですよ。


ただ出来は良くない。完成度は低め。
正直難しい立ち位置なんですよね。

ツッコミどころは満載。
だけどおバカで笑える映画じゃないんで楽しめない。


いちいち書き出していたら教授に提出する論文程の長さになりそう。
なので根本的な問題を書き出します。

・話の展開がムチャクチャ

・細かいツッコミどころが異常に多い

・アクションシーンが少ない

・意味不明なシーンが多い

・ワンダーウーマンの露出度(ボディの)が低い


主な問題はこんなところでしょうか。
この中で俺が特に問題視しているのが2つ。
ワンダーウーマンの露出度(ボディの)が低い事とアクションシーンが少ないという事です。

205743
“笑い方向にシフトしてもよかったかも”

巨匠になれるのか


アクションシーンが多ければ他に大きな不満があっても相殺できます。
「でもアクションシーンが多いし、凄いし」
って気持ちになるので。

ワンダーウーマンの露出度(ボディの)が高ければ?
「この脱ぎっぷりに免じて許してやるか」
って大らかな気持ちになります(男子限定)


とにかくマーベルを意識し過ぎなんだな。
あっちはもう本当に丁寧に時間を懸けてアベンジャーズに繋げているのに。
こっちはいきなりでしょ。


そもそも単体作品が成功していない時点でダメじゃん。
だからザックだけが悪いわけじゃない。

A級戦犯はワーナー映画の役員どもです。

金のことしか頭にないならエンタメ仕事なんて辞めちまえ!


もちろん良いシーンもあります。
ワンダーウーマンが登場してからのラストバトルはもう熱い熱い!

バットマンVSロシアンマフィアも最高だ。
基本ステゴロアクションで魅せるのはザックの真骨頂。
ここだけはダークナイトシリーズに勝っています。


ノーランは素手格闘の演出は苦手なのかイマイチな感じが多い。

後、バットマンのVSスーパーマン仕様の

鉄っぷりがたまらん。


メタリック物大好きなんでこの仕様のバットマンは大当たりですよ。
動きが遅くなるのはもう仕方ない。
昔の日本の戦国武将もそうだったしね。


脇にも有名な俳優を配して抜かりは無い(つもりだった)
ジョー・モートンとか数十秒ですよ、出番。
ケビン・コスナーもそうだ、贅沢の極み。

「何でジェレミー・アイアンズ出てんの!」
「アイゼンバーグ、ザッカーバーグかよ!」
キャスト見てるだけで結構楽しめます。


だから良い部分もあるんですよ、ただ悪い部分が多すぎた。
でもここは正しい母親になったつもりになりましょう。
良い部分だけを見て、褒めて、愛してやるのが正しい付き合い方なんです!

それにアルティメット版は話の整合性が改良され作品としての質は上がってますしね。
ただ3時間超えは長過ぎるよ。
キューブリックじゃないんだから。
アクションシーンが増えたわけじゃないし。

全くやっかいな奴だなぁ、ザックてば。
おい、聞いているか?
一度実家に帰ってお母さんとお話しなさい!


1755422740
キューブリック「ザック、君には凄みと狂気が足りない」

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 アルティメット・エディション ブルーレイセット(初回仕様/2枚組) [Blu-ray]

新品価格
¥4,039から
(2016/8/18 09:43時点)


2016-08-25 | Posted in 映画, 洋画, アクションNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA