地球防衛軍4.1 地球へ…



提督の決断


「今、お時間よろしいですか?」
いきなり声を掛けられた。
久しぶりの休日、俺はあてもなく渋谷の街をブラブラしていた。
暇そうにみえたんだろう、早速声を掛けられたというわけだ。

声の主は若い女性、まるでアイドルのような非常に可愛らしい顔をしている。
(高額な商品を買わせたりとか、あるいは宗教の勧誘だろうな、、、)
そう思った俺は断りの言葉を探し出した。
だが、、、彼女の顔が職場の憧れの女性に凄く似ていたのだ。


気が変わった俺は話を聞くことにした。
「簡単なアンケートに答えて頂きたいんです」
彼女は言う。なんだ、そんな事か。
「いいですよ」
即答する俺。彼女はにっこり笑うとアンケート用紙をこちらに差し出した。

“以下の○○○に当てはまる言葉をお答え下さい”

○○○!○○○!○○○!



「地球の平和は俺たちが守る!、、、そういうノリでやってます」



「母さん、俺今空飛んでるんだ」


「、、、EDFじゃないかな」
「凄い!完璧な回答です!」
彼女は満面の笑みで俺を褒めたたえる。

そして予期せぬ行動に出た。
「さすが地球防衛軍の隊員じゃな。オフの日でも志は忘れておらんようじゃ」
彼女はそう言うと、顔に手を掛けひっぺがしたのだ。

「マスク?、、、ああ!あなたは!」
驚愕する俺を尻目に元彼女は叫んだ。
「そう、わしじゃ!地球防衛軍提督じゃ!」


なんということでしょう。
提督は隊員の士気を確かめる為、日々変装し盛り場でアンケートを取っていたのです。

この提督の決断が正しいかはさておき。
彼の勇気ある?行動に敬意を表すため、当館からあなたに指令を出します。


○○○!○○○!○○○!
○○○に当てはまるワードとしてEDFを連想した方、このまま読み進めてください。

それ以外のワード(FBI、DDT、TGS、ちんこ、鬼武者、adidasなど)を連想した方。
今すぐ当館から撤退して下さい。あなたは隊員失格です。
あなたを放置しておくと隊全体の士気に関わります。これは強制命令です!



「落ちろ! 落ちろぉ~~!!」



「落ちた、、、のか?」

オペレーター的な彼女


ようこそ!地球防衛軍へ!
あなたを歓迎します。あ、申し遅れました。
私、地球防衛軍でオペレーターをやっています。名前はイーディーです、よろしく!
え?SEGA部隊にも同じ名前の人がいるんですか?奇遇ですね!

ちなみに提督が渋谷でアンケートを取った際にしていた女性のマスク。
私の3Dモデルなんですよ!ちょっとのっぺりしてますけど。


え~と、あなたはまだ地球防衛軍に入りたてのペーペーです。
なのでいきなり実戦投入するわけにはいきません。
まずはシュミレーションを受けてもらいます。

あ、そんなに緊張しなくても大丈夫ですよ。ゲームソフトという形でプレイ出来ますから。
最低100時間はプレイしてもらわないと実戦に出向くことは出来ませんけど☆
ちなみにソフトは1~5まであります。今プレイするのに最適なのは、、、4.1ですかね。


さすがに1や2は対応しているマシーンが古いので稼動しにくいでしょうし。
3をやるなら4の方がいい。じゃあ5は?いきなり最新作じゃハードル高いです。
じゃあ4!4をやるなら4.1の方がいいですよね。



「ひぃぃぃぃ!餌になりたくない!」

ちなみに4.1は4のアップデート版でPS4専用。


アップデート具合?結構盛りだくさんな内容になっていますよ。

・新たな敵や武器の追加!(課金無し)

・新たなミッションやエピソードが追加!(課金無し)

・フルHD画像でビジュアルが綺麗に!(課金無し)


いい感じですよね~
あと地球防衛軍の(ダメな)売りといえば処理落ち!
それもPS4なのでほとんど無いんです。かなり快適にプレイ出来ます。

ロード時間も短いですしね!え?元々過去作のロード時間が長過ぎた?
それ言わないでくださ~い☆



“俺と巨大怪獣”



「よーしよしよしよし」


地球防衛軍な日々


「うるせーぞ!静かにしろ!」
また怒鳴られてしまった。
ここは俺の住んでいる部屋。

地球防衛軍4.1をプレイしていたのだけど、、、
え?音?出してませんよ。ヘッドフォン付けてしてますから。
じゃあ何がうるさかったのか?

あのね、つい叫んじゃったの。

EDF!EDF!EDF!って


地球防衛軍をプレイしていればどうしてもそう叫んじゃいますよね。
(おっと、アリさんの攻撃だ!ローリングでかわすぜ!EDF!)
近隣住民には理解して欲しい。
ちなみに俺の住んでいるマンション、名前をRPS(レオパレス)21といいます。

悪名高いスカスカ施設。
隣人のティッシュを取る音すら聞こえるっていう。
(出た!巨大怪獣!とにかく撃ちまくるぜ!EDF!)
だから基本静かにしなきゃいけないのか。


でも地球防衛軍ですよ?叫びながらプレイするのはデフォじゃないですか。
それが出来ないなんて、、、ストレス解消にぴったりなゲームなのに逆にストレス溜っちゃうよ。
(敵UFOを撃墜!俺たちはやったんだ!EDF!EDF!)



“トンネルを抜けるとそこはアリ地獄だった”


なんか腹立ってきたな、ビールでも飲もうか。
ポーズをかけてPS4の前を離れる。冷蔵庫には、、、ビールが無い!
(早くプレイさせたい!ポーズ解除プリーズ!EDF!EDF!(PS4))
なぜかウォッカがあった、よし飲んでみるか。
(巨大怪獣再び!こちらは巨大ロボに乗って応戦!う~ん、(色んな意味で)熱いぜ!)


遂に総力戦がスタート!なんて激烈な攻撃なんだ。
敵の数も異様に多い。PS4にも激烈な負荷がかかる。
「負けるなPS4!俺たちが負けたら地球はお終いだぞ!EDF!EDF!EDF!」

「うるせー!いい加減にしろ!」
あ、PS4が強制終了した。
(この話は一部フィクションです)



“PS4も悲鳴を上げる(負荷かかりすぎて)大物同士の死闘”



“パシリム好きにはたまらない!PS4もたまらない!(負荷かかりすぎて)”


包囲されたぞ!


地球防衛軍シリーズの魅力はたくさんある。
いくつか挙げてみよう。

・敵や建物をどんどんぶっ壊していく爽快感

・敵生命体の超巨大感

・多過ぎるだろ!な豊富な武器の数々

・隊員仲間たちとの共闘や彼らのセリフ

・おっきなありさんやくもさん


伊達に人気シリーズじゃありません。
ただ上記の魅力、いろんなところで既に言われています。
この間も近所の井戸端会議でオバサン達が言ってました。
なので当館ではサウンド面の魅力を紹介したい。

地球防衛軍シリーズ、
3以降、5.1chサラウンドに対応しています。



“おっきなありさん。発育良過ぎ”



“おっきなくもさん。本人の希望により顔出しNG”


ちなみに僕のプレイ歴は1、2、3。4からはプレイしていません。
だって面白いけど中身が代わり映えしないんですもん。

ではなぜ今回4.1をプレイしたのか?
まずプラットフォームがPS4になったのが大きい。
どんなもんなのかなって興味が湧きました。あと値段が2000円程度で安かったので。


もうね、5.1chの素晴らしい臨場感を堪能しましたよ。
爆発音なんかも凄いんですが、とにかく隊員たちの会話が素晴らしい!
リアスピーカーから聞こえてくるんですけど、まるでそこにいるかのような臨場感!

アニメで例えるなら(何で?)エヴァンゲリオン。
オペレーターの声がそれぞれのリアスピーカーから聞こえてくるあの感じ。


アメリカ製のゲームなんかじゃ5.1ch対応は当たり前。臨場感も抜群!
ですが国産製だと未だに2chステレオなゲームもあったり。
5.1ch対応はしていてもさほどサラウンド感を体感できなかったり。

そんな中、地球防衛軍4.1のサラウンド感はかなりのもの。
ぜひ体験してみて欲しい。没入感も全然違いますからね。
EDF!EDF!EDF!の号令も実に心に響くぜ!



「自分の入る余地ないであります!」



「とうとうやったな! 畜生、まだふるえが止まらないぜ! 」

地球防衛軍4.1 THE SHADOW OF NEW DESPAIR – PS4

新品価格
¥2,500から
(2018/11/22 08:42時点)


2018-12-17 | Posted in 和ゲー, アクション, ゲームNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA