Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: Access denied for user 'star-load'@'localhost' (using password: NO) in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: A link to the server could not be established in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: Access denied for user 'star-load'@'localhost' (using password: NO) in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: A link to the server could not be established in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: Access denied for user 'star-load'@'localhost' (using password: NO) in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: A link to the server could not be established in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: Access denied for user 'star-load'@'localhost' (using password: NO) in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: A link to the server could not be established in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: Access denied for user 'star-load'@'localhost' (using password: NO) in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: A link to the server could not be established in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: Access denied for user 'star-load'@'localhost' (using password: NO) in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: A link to the server could not be established in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786
君は淫らな僕の女王 僕は淫らな君の奴隷 - インドア娯楽の館

君は淫らな僕の女王 僕は淫らな君の奴隷


エロマンガ島へようこそ


「なんか面白いマンガねえかな~」
呟きながらマンガを物色する。そんなマンガジャンキーも多いでしょう。

「なんかエロイマンガねえかな~」
呟きながらエロマンガを物色する。そんなエロマンガジャンキーも多いでしょう。


どちらも人としてオスとして正しい。
女性にとってエロは大した要素ではないかもしれません。
ですが男性にとってエロは生きがい、人生のカンフル剤なのです。

世の中にエロいエンターテイメントが氾濫していることを見てもわかるでしょう。
エロ=男の活力だということを。エロに振り回される男の哀しみ、、、
そう、男とは哀戦士なのです。


ってなわけで(何が?)エロエンターテイメントの中でも一大勢力を誇るエロマンガ。
昔から様々なエロマンガが登場してきました。
中にはエロマンガの範疇に入れておくには勿体無い作品もあったり。

ただやっぱりビジュアルが大事ですよね。
絵が下手だと見る気がしないんで。
そういった意味では君は淫らな僕の女王はかなりのクオリティ。


ちゃんと女の子が可愛いので。表紙を見ればわかるでしょ?
涼宮ハルヒから邪念を取り払ったような顔付き。
かなりの可愛いさですよね。

「こんな可愛い子が
こんないやらしいことを!」


男が最も求めるエロス、ここにあり。
風俗店でも人気のカテゴリーですから。


そういえばエロマンガってコスパは高めですよね。
三次元レディーを相手にするとかなりのゼニー(銭)がかかりますが。
エロマンガだとそういったことも無く。

写真集とかも結構しますしね。
あと実写のエロ本モデルって誰かのお下がり感がハンパないっていうか。
その点、君は淫らな僕の女王のヒロインは完全に処女ですからね。
僕が保障しますよ。


え?物語ですか?そんなのエロマンガに関係ないじゃないですか!
まあ面白いんじゃないですかね。

美少女高校生と幼馴染のメガネ童貞(今はディスられてる)が神様にお願いをした。
「彼女との仲を修復して欲しい!」
すると、、、てなお話です。



「あたしだって処女よ!邪念ビーム!」

エロマンガの実用性


男の絶対法則。
何かわかりますか?それは”オナニーをする”という事。
なかにはしないオスもいるかもしれませんが多くのオスがオナニーをします。

オナニー、マスターベーション、陰部摩擦、家庭内手工業、、、
色々な呼び方があります。エロマンガとは切っても切れない関係。
で、このコラムを読んでいるオスが一番気になるのがコレでしょう。

君は淫らな僕の女王は
オナニーに使えるクオリティなのか?


結論から言いましょう。
使えます!但し、物事をありのままに受け入れれるのであれば!
「どういうことなんだよ?」

つまりエロマンガは加工品なわけです。
出来上がるまでに様々な人の手を通ります。
とりえあえずエロマンガがどういった工程を経て我々の元に届くのか見てみましょう。

・第一次工程

エロマンガを描くのは男の漫画家が多い。
しかもアシスタントとかと一緒に書いています。
もちろん仕事ですから、覚めた視点で書いているわけです。

「ここもっと深く挿入して」
「体位の角度がイマイチだな」
「○○○もっと激しくしゃぶらせましょうよ」

こんな卑猥な会話で仕事が進む。
ただ仕事なので興奮することもない。完全に素ですから。
で、作品が出来上がるわけです。

・第二次工程

次は編集者が作品をチェックします。
当然仕事ですからエロマンガを見ても興奮しません。
というか基本エロマンガの編集者はインポテンツですから(勝手な決め付け)

たくさんのエロマンガを見て感覚が麻痺しちゃってますし。
「まぁいいんじゃない?」
こんなノリでしょうか。

・第三次工程

完成した作品は印刷工場へ向かいます。
工場では基本おばちゃんが作業を仕切っています。
おばちゃんですから、性欲など既に枯れています。

当然エロマンガにも興味なし。
「あらまぁ、最近の男子はこんなの読んでるんだねぇ」
あっさりと流します。


これだけ多くの人間が覚めた目で接するエロマンガ。
「なのに自分はそれを見て興奮して、、、オナニーまでするのか、、、」
作品が出来た背景を想像してしまうとオナニーしても楽しめません。

つまり背景なんぞ一切考えず、目の前のエロマンガをありのままに受け取る。
そういったある意味純粋なエロ者だけがエロマンガを楽しむ事が出来る。
つまりエロマンガが凄く実用的なアイテムに変化するのです。



“楽園へようこそ!”

エロマンガのあるべき姿


とある休日の昼下がり。
物凄くナチュラルに道を歩いていた。
周りの景色に目をやったりして。いわゆる心に余裕がある状態。

ただ女に対しての余裕は無い。
「ずいぶんご無沙汰してるよな~」
そう呟いた。瞬間、虚しさが襲う。


ふと気まぐれに道を外れ、薄暗い路地に入ってみる。
するとつぶれた小さな工場がある場所に出た。
工場に入ってみる。すると端っこの方に本が落ちているのを発見。
「エロ本なのか?」

拾ってみるとそれは確かにエロ本、厳密に言えばエロマンガ本だった。
中身を見てみる。ありがちなエロマンガが何本か載っていた。
「ふ~ん」
薄汚れたエロマンガ本を放り投げ、その場を離れた。


自宅に戻ってくつろぐ俺。
だが、、、昼間に見たエロマンガが頭について離れない。

「クソっ!これも何かの業か!」

俺は部屋を飛び出した。
そして昼間見かけたエロマンガを求め工場跡へ向かって失踪していた。


これが一番正しいエロマンガとの出会いではないかと。
そう思いません?何か最近気取り過ぎでしょ。
やっぱりエロマンガって淫靡な場所で入手したいじゃないですか。

町の寂れた本屋とかもいいですよね。
でも最近は大きい本屋ばかりだし。情緒が無いんですよ。


しかも店員が若いオネエチャンとかが多いから問題大有りですよ。
だってエロマンガをレジに持っていったら勘違いしちゃいますもん。

「こちら(ペニス)カバーおかけしますか?」
「ぜひお願いします!」

そう言っていきなり下腹部を露出、警官隊が出動する事態になった、、、
こんな哀しい事件が続出しかねないですよ。


「じゃあ電子書籍で買えばいいじゃん!」
いやいや、最もエロさがない空間がデジタル世界ですよ。
だって0と1の集合体ですから。

「エロマンガは0と1で出来ている」
こんな事言われて興奮できるかってえの!


ただ、君は淫らな僕の女王はそういったことを超越している。
僕にはそんな気がしてならないんです。

だって、、、今、、、虚無感と開放感に、、、包まれてるんだから、、、
凄く、、、良かったよ、、、、、、



“第一次黄金時代のエロマンガたち”

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)


2017-11-26 | Posted in コミック, , その他No Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA