Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: Access denied for user 'star-load'@'localhost' (using password: NO) in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: A link to the server could not be established in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: Access denied for user 'star-load'@'localhost' (using password: NO) in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: A link to the server could not be established in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: Access denied for user 'star-load'@'localhost' (using password: NO) in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: A link to the server could not be established in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: Access denied for user 'star-load'@'localhost' (using password: NO) in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: A link to the server could not be established in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: Access denied for user 'star-load'@'localhost' (using password: NO) in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: A link to the server could not be established in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: Access denied for user 'star-load'@'localhost' (using password: NO) in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: A link to the server could not be established in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786
DEATH NOTE デスニカ学習帳 - インドア娯楽の館

DEATH NOTE デスニカ学習帳


死のパワーゲーム


「あの部長、ぶっ殺してやりたい!」
「彼氏に浮気された、ぶっ殺してやりたい☆」
「君の膵臓をぶっ殺してやりたい」

皆さん殺意の波動に日々悩まされている事でしょう。
人が人である以上、必ず付いて回る悩みです。
しかしそんな悩みを解消してくれるアイテムがあります!それがデスノート!


ただデスノートの入手、物凄く難しい。持ってる人はまず手放しません。
なので中古市場に出回ることも無い。
入手するには死神のきまぐれにまかせるしかない超レアアイテムになっています。
でもどうしても欲しいんだよ!

仕方ないのでジャポニカ学習帳を
代替品にしました。


だけど効果が無い。やり方が悪いのかな。
だから二次元世界で満喫することにしました。
色々な媒体で出ていますしね。ちなみにオススメはマンガ版。
映画版?頭の悪い天才というある意味斬新な主人公を観たければどうぞ。

ちなみにNetflixで配信されているデスノートハリウッド版。
これも相当頭悪い映画です。ファイナルデッドシリーズ最新作かと思うような創り。
お笑い映画としては合格点ですけどね。


デスノート、マンガ版はマンガ史に残る傑作。主人公2人の頭脳戦や心理戦は見応えありまくり。
2人ともちゃんと天才してますしね。警察はあんまりちゃんとしてないけど。
ただやっぱり読む人をしっかり選びます。
こんな人は”リーディング・シタイナー”と思っても発動してはいけません。

・ネーム(文章)が多いと頭痛がしてくる

・アホっぽい女が出てくる作品を読むと本当に反吐が出る

・友情、努力、勝利が人生におけるパワーワード

どうぞお気をつけ下さい。



“死神の選択を間違ったのかな?かな?”

マンガノベルでいいじゃん


“セリフや文章で作品を説明してはいけない”
太古の昔から言い伝えられている法則、絶対的に正しいです。

例えば2001年宇宙の旅という映画がありますよね。
極力説明を廃し、映像でしっかり表現している名作。その分難解と言われてます。
だけどそういった作風だったから作品の価値が大幅に高まったんです。
1968年の作品なのに今でも見劣りしない傑作であり続けられるのはそんな理由から。


映画と比べるのはアレかもしれませんが、デスノートはセリフでの説明が多すぎる。
これが小説であれば問題ないんですが。でもマンガですから、あまりに多いとね。
それに創り手の事情が透けて見えるんですよ。
「小説だと売れない。でもマンガなら売りやすいし、爆売れする可能性もある!」
作画に小畑健を指名したのも戦略でしょうね。

実際その通りになりましたし。でも読んでて面倒くさくなるんですよ。
「あれ?俺が今読んでるのってマンガ?」
こう思ったりもして。

小説でよかったんじゃないか?

確かに小畑健の絵は魅力的。
「銭の取れる絵ちゅうのはこういうんを言うんや!」
関西弁で叫びたくなるぐらいのレベル。でも健(小畑)が大人達に騙されている気がするんです。

編集者「デスノートっていう作品の絵を担当していただきたいんですよ」

小畑「デスノート、、、ホラーですか?ホラーはちょっと」

編集者「いえいえ!これが傑作なサスペンスでして」

小畑「難しそうな話は苦手なんですが、、、」

編集者「大丈夫です。話は全部大場つぐみ先生が考えますから」

小畑「大場つぐみ、、、女性の方ですか?」

編集者「つぐみんは小畑先生の大ファンでして。そういえば付き合ってもいいって言ってたな」

小畑「本当ですか!つぐみん、、、俺がんばる!」

編集者「あ、ちょっと失礼しますね」(部屋を出る)

小畑「つぐみん☆つぐみん☆つぐみん☆」

編集者「もしもし私です、、、はい、、、ターゲット、陥落しました」



小畑「つぐみんはこんなイメージだったのに!」

それ以上、いけない!


世の中にはデスノートを持っちゃいけない人が存在します。
もし彼らにデスノートが渡っていたら、、、そんないけない事を考えちゃいました。

1.ダース・ベイダー(スターウォーズ)

用途:ジェダイの騎士を根絶やしにするのに使用。

コメント「コーホー、コーホー、コーホー」



“目が死んでる人にしか見えない、それがデスノート”

2.鷲崎(力王)

用途:選ばれし者以外の人類抹殺に使用。

コメント「肝心の力王の苗字を忘れた!」



「スピンオフが創られたのもデスノートのおかげだ」

3.バスク・オム(Zガンダム)

用途:スペースノイドの殲滅に使用。
コメント「コロニー落しは経費がかかるからな。名簿屋様々だ」



“いつなんどきでもプールびより!なゴーグル姿のバスクさん”

4.ダークソウルの主人公(ダークソウル)

用途:全ての敵との戦いに使用。
コメント「しまったぁ!ただのムービーゲーになっちまった!」



「だからってなにも燃やすこたぁなかったんだ、、、」


みんな結構よろこんでいるみたい☆よかった!
ってよかったじゃねえよ!暗黒面に落ちた奴ばかりじゃねえか!
でも見てみたい気もしますね、こんな世界。

こういった妄想を楽しめるのもデスノートの魅力。
ん?もしかして俺だけ?こんな楽しみ方するのって。

女性が描けない漫画家たち


大場つぐみに対して言いたい事がある。
「あんた女性なのに女性キャラが描けないのか?」
バクマンのヒロインなど、まったく魅力のないベタな女性キャラを量産するつぐみん(大場)。
不思議だったんですけど、なんのことはない。実はつぐみん、男性だったんです。

中の人はガモウひろし。そう、とっても!ラッキーマンの作者。
確実ではないようですが可能性は非常に高そう。
だってガモウ氏も女性に興味なさそうだし(かなりの偏見)
それにしても小畑健の絵が超絶上手いだけに女性キャラの薄っぺらさが気になります。
本当にビジュアルだけが魅力の昨今のグラビアアイドルみたいになっちゃってて。


デスノートの大きな不満点がそこです。
他はネームが多過ぎとか、Lの後継者が役不足の小僧とか、月の顔が凶悪犯にしか見えないとか。
あれ?結構不満ありますね、こうやって見ると。

女性キャラの魅力って
エンタメ作品にとって非常に大きいんです。


おろそかに出来ないですよ。僕は男性キャラより女性キャラの方が好きですし。
男性作家に女性が描けないのは仕方ない部分もありますけど。
本当の意味でそれが出来るのは渡辺淳一ぐらいでしょうし。
ただつぐみんの場合、度が過ぎているんですよ。勿体無い。

知り合いの女性に頭を下げて聞けばいいじゃないですか。
もしかして女性の知り合いはキャバクラ嬢しかいないのか?
だったらしょうがない。許してやる(偉そう)


デスノート、いっそのこと女性キャラは一切出さない!
なんてのもよかったんじゃ。それでは華がない?
じゃあ月やLに女装してもらえばいいじゃない!
きっと死神も喜ぶと思うよ!(何で?)

こんなバカな事言っててもデスノートに名前が書かれることはない。
ある意味平和な世界ですよ、この世界は。

、、、、、ウグッ!なぜか女装姿で死にたくなってきたぞ☆
まさか?もしかして見ていたのか?このブログを!
嫌だ、嫌だ、女装姿で死ぬのは嫌だぁ~~~~~~~~~~!
ガクッ、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、



“天才でもわかんないことあるんだ~”

DEATH NOTE コミック 全12巻完結 13巻セット (ジャンプ・コミックス)

新品価格
¥5,754から
(2017/8/28 13:29時点)

DEATH NOTE 文庫版 コミック 全7巻完結セット (集英社文庫―コミック版)

新品価格
¥5,443から
(2017/8/28 13:28時点)


2017-09-05 | Posted in コミック, スペクタクル, No Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA