Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: Access denied for user 'star-load'@'localhost' (using password: NO) in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: A link to the server could not be established in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: Access denied for user 'star-load'@'localhost' (using password: NO) in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: A link to the server could not be established in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: Access denied for user 'star-load'@'localhost' (using password: NO) in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: A link to the server could not be established in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: Access denied for user 'star-load'@'localhost' (using password: NO) in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: A link to the server could not be established in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: Access denied for user 'star-load'@'localhost' (using password: NO) in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: A link to the server could not be established in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: Access denied for user 'star-load'@'localhost' (using password: NO) in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: A link to the server could not be established in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786
スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲 帝国に栄光あれ! - インドア娯楽の館

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲 帝国に栄光あれ!



ベテランストームトルーパーの独白


スターウォーズ改め銀河戦争の新作ってもう観た?
そう、最後のジェダイ!酷かったよな!
もうスターウォーズじゃない、外見が似た何かだよ。

マニアもかなり激怒してたみたいだな。創りなおせって意見まで出てた。
その気持ちはわかる。俺なんか当事者だしね。

ルーカス卿はどう思ってるのか
一度聞いてみたいよ。


それにしても帝国の逆襲の時はよかったなぁ、、、
俺たちもイケイケだったし。親分のダース・ベイダーも最強だったし。
給料もあの時が一番多かったよ。勤務時間外手当なんか物凄かったもんな。

実は仲間内でスターウォーズ鑑賞会をやったりするのよ。
もちろん仕事の一環としてだけど。過去の仕事っぷりのチェックってやつ。
だけどやっぱり帝国の逆襲の時は皆ののめりこみ方が違うっていうか。
自分でいうのもなんだけど、凄くいい仕事をしていたと思うぞ。
あと少しでレジスタンスを壊滅できたんだけどな。


やっぱり旧3部作が最高にバブルってたよ。とにかく景気がよかった。
新3部作?う~ん、俺ら的には微妙だったかも。

あとさぁ、最新シリーズ1作目のフォースの覚醒?
トンファー持った強いストームトルーパーが出てくるんだけど。
ああいうのって違うと思うんだよ。


俺たちの仕事はあまり前に出ちゃいけないんだって!
個性を殺して集団を活かす、それがストームトルーパークオリティ。

まぁこれも時代なのかね。
ハン・ソロのスピンオフももう一つだったみたいだしな。
そろそろ俺たちのスピンオフを創ってもいいんじゃねえか?



「今日は海水浴だ!」

3部作映画の法則


Q:シリーズ映画に3部作が多いのはなぜ?

さぁお答え下さい。
カッチ、カッチ、カッチ、、、チーン!はい時間切れです。
残念でした!それでは本題に入ります。

え?答え?まぁいいじゃない、そんなことはさ。
とにかく映画には3部作が多いってことだよ。


それでよく言われるのが

“3部作映画は2作目が面白い”


まぁ真実だよね。で、なぜこんなことわざ?が語り継がれるようになったのか?
理由はスターウォーズシリーズにありました。

はい、スター・ウォーズ/帝国の逆襲です。凄く良く出来ていましたからね。
冒頭から雪山でのバトル。掴みとしては申し分ない。ていうかこれ以上の掴みはないでしょ。


映画史に残るラブシーンあり、ルークとダースベイダーと雪男との死闘あり。
チューバッカも大暴れ。ピンチに陥るレジスタンス御一行。
ドラマチックにもほどがあるぜ!

世間的にもベイダー卿的にも評価が高いであろう帝国の逆襲。
ただ、、、僕はジェダイの帰還の方が好きなんです。
バカな子ほど可愛いっていいますよね。そういうこと。


隙が無さ過ぎるんですよ、帝国の逆襲は。
完璧に近い美人って口説きにくいじゃないですか。
帝国の逆襲はまさにそう。ただ映画としての完成度は凄く高い。
これは間違いないところです。

なんかねシリーズ全体を通してみるとマッドマックスに似てる。
1作目が弾けてて、2作目が神、3作目がマンガチックなところとか。
どちらも素晴らしい!男の子の必須映画だよ。



「よく聞け!マッドマックスとスターウォーズはそっくりさんだ!」

職人監督とは?


映画業界には職人監督と呼ばれる人達がいる。
知っていますか?って知ってますよね、そんなことぐらい。
だってあなたってば映画マニアなんだから!(勝手な決め付け)

よく言えば、こだわりを持ちながらもバランスよく作品を仕上げる人。
悪く言えばプロデューサーの言いなりになってそこそこ売れる作品にしてしまう人。
(どっちも褒めてない)


スター・ウォーズ/帝国の逆襲の監督もそんな職人監督の一人。
彼の名はアーヴィン・カーシュナー。何気にロボコップ2の監督なんかもしております。

凄いですよね、アーヴィンさん。
だってスターウォーズとロボコップの続編作れってメチャ無茶ぶりじゃないですか。

神映画の続編なんて
誰も作りたくないってのが本音でしょ。


僕が監督だったら即断ってますよ。
多分色んな監督がオファーを受けたがお断りしているはず。
スティーブン・スピルバーグ、ブライアン・デ・パルマ
黒澤明、マーティン・スコセッシ、山本晋也などなど。


その中で最終的に絞られたのがこちらの3人でした(推測)

1.ジョン・バダム

2.ピーター・ハイアムズ

3.アーヴィン・カーシュナー

根拠?そりゃ彼らが骨の髄まで職人監督だからですよ。
で問題はなぜ3番候補のアービンが選ばれたのか?

1.暇だったから

2.ジョージ・ルーカスのやることにNoと言わなさそうだから

3.ハリウッドに染まっていないから


さぁ、お答え下さい。ってもういいですか?
実はこれ全部正解です。
でも本当にアーヴィン・カーシュナーはいい仕事しましたよ。



「脳ミソ飛び出るほど面白いぜ!」(大げさ)

あのシーンの真実


スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲といえば、あのシーン!
ハン・ソロが氷漬けにされる前にレイア姫とする恋バナ!

レイア「愛してる」
ハン・ソロ「知ってる」


たったこれだけのやり取りなのだが、、、凄いよね!
数多の映画が
「愛してる」
「俺(私)も」
こんなベタなやり取りにいまだに終始しているのに。

スター・ウォーズは
ラブシーンにも革新を起こしました。


さらにオリジナリティあり過ぎて真似出来ないスタイルなのも凄い。
特許取らなくてもパクられない!こんなの見た事ないよ!

そんなハン・ソロとレイア姫の名ラブシーン。
実は脚本ではただのベタなやり取りだった!
撮影現場で急遽変えたんです。しかも変えたのはハンソロ・フォード!


え?名前間違えてます?あ、ハリソン・フォード!失礼しました(汗)
ただハリソンってあまりアドリブをしない人なイメージがあります。
でも帝国の逆襲ではセリフを変えた、なぜか?

ここからは想像なんですが、、、
以下現場を再現してみます。

スターウォーズ.帝国の逆襲の撮影現場。
ハリソン・フォード(以下ハリソン)はナーバスになっていた。
これから濡れ場ラブシーンの撮影があるからだ。

別の映画の撮影で酷い目にあったことがトラウマになったハリソン。
相手の女優がちょっと頭がおかしな女だったのだ。


情緒不安定&女性不信に陥ったハリソン。
苦しみを怒りに変えて生きていこうというのか?

そんなハリソンにアービン監督が近付いて演技指導?をする。
「レイアが愛してると言った後、ハン・ソロが俺もだと返す。よろしく」


だがハリソンは肩を震わせて叫んだ。
「知ってるで十分ですよ!」
シーン、、、、、、現場がカーボンのように凍りつく。


誰も何も話そうとしない。
相手役のキャリー・フィッシャーだけが変顔をして遊んでいる。
だが意を決し、監督のアービンが言った。
「そうだね、そうしよう!」
なんとか事なきを得た現場。撮影は続く、、、


「こんな事情があったのか!」
あなたは思わず叫んでしまったことでしょう。
まさに帝国ならぬハリソンの逆襲(どこがだよ)

ほんっと映画って面白いですよね!
さぁってまた帝国の逆襲を観ようかな☆



ランド「固まってる」
ハン・ソロ「知ってる」

スター・ウォーズ エピソードV/帝国の逆襲 [Blu-ray]

新品価格
¥1,486から
(2018/10/29 17:07時点)


2018-10-29 | Posted in 映画, 洋画, SFNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA