Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: Access denied for user 'star-load'@'localhost' (using password: NO) in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: A link to the server could not be established in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: Access denied for user 'star-load'@'localhost' (using password: NO) in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: A link to the server could not be established in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: Access denied for user 'star-load'@'localhost' (using password: NO) in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: A link to the server could not be established in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: Access denied for user 'star-load'@'localhost' (using password: NO) in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: A link to the server could not be established in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: Access denied for user 'star-load'@'localhost' (using password: NO) in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: A link to the server could not be established in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: Access denied for user 'star-load'@'localhost' (using password: NO) in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: A link to the server could not be established in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786
ジョン・ウィック:チャプター2 殺し屋さん、いらっしゃい - インドア娯楽の館

ジョン・ウィック:チャプター2 殺し屋さん、いらっしゃい



チャプター:ジョン

「ジョン・ウィック?また誰か彼を怒らせたのか?」
「ジョン・ウィック?この間殺されたよ。もちろん俺がだけど」
「ジョン・ウィック?お得意さんだ。この間ネギ買って行ったな」
「ジョン・ウィック?卒アル持ってます!憧れの先輩なの!」
「ジョン・ウィック?キア、、、いやなんでもない」
以下省略。

このように地球上に存在する多くの人類がジョン・ウィックを知っています。
しかも彼が殺し屋としていかに凄いか!そこまでよくご存知なのが映画の中に登場する人々。
彼らはそれを私たち観客である三次元人に対して事細かに映画の中で説明してくれる。


ここがジョン・ウィックという映画の最大の醍醐味であるわけです。

「ジョン・ウィック!
どんだけ凄いんだよっ!!!」


実際のシーンを観なくても凄さが伝わる。これって凄いことですよ。
つまりジョン・ウィックはジョン・ウィックの凄さをプロモーションする映画なのです。
当然続編であるジョン・ウィック:チャプター2もその路線は引き継いでいます。
ちなみに続編はどんなお話なのか?
ジョン・ウィック(元殺し屋)が昔の知り合いに家を壊されて怒り狂い悪党を殺しまくる話です。

「え?それって前作と一緒じゃん!」
違う!前作は犬を殺されて怒りまくった。今作は家を壊されて怒りまくった。
全然違うでしょ!悪党が殺されまくるのは同じだけどさ。
(前作のコラムはこちら!)


“キアヌ復活!”
不謹慎なキャッチコピーを付けられた前作。でも当たり役だったのは確か。
アクション映画としての規模は中ぐらい決して大作ではない。
ですが上手くまとまっていてしっかりした創りの秀作でした。

そんな素敵なアクション映画が帰って来た!そう、続編の登場です。
「前作を超えた!」
「さらにスケールアップ!」
映画業界ではよく見るキャッチコピーですが、ジョン・ウィック2もそのように言われてましたね。


実際は?超えていません。
前作の方が完成度では上。続編も悪くはないんですが。
アクションシーンは派手になって物量も多くはなっていますしね。
ただ前作のアップデート的なレベルなんですよ。斬新な部分がないんです。

あと、お話や演出が雑なのが気になりました。
え?そうなの?みたいな展開するんですよね、ツッコミどころがあるというか。
前作が9点なら今作は7点。点数を付けるとこんな感じ。悪くはないんだけどね~



“真・ガン・フーが炸裂!”

チャプター:セガール


殺人マシーンとしての知名度が抜群なジョン・ウィック。
ここである人物を思い出す人もいるでしょう。そう、ケイシー・ライバック!
沈黙(敵が)の戦艦、暴走(自分が)特急で大活躍した男。
中の人、スティーブン・セガールをごんぶとな人気スターに仕立てた殺人マシーン!

このチャプターではケイシー・ライバックにジョン・ウィックを語って頂きましょう。
もちろんセガールの許可は取っていません。私の妄想です。

Q:殺し屋としてのジョン・ウィックは?

A:動きはいいが、哀愁がないな

Q:武器の使い方は?

A:まあまあだ。ミキサーとか家庭用品を使いこなさないとな

Q:アクション映画としてのジョン・ウィック2は?

A:及第点はやれるな

Q:続編としてのジョン・ウィック2は?

A:ちょっとダメだな。もっと暴走しないと

Q:ドッグブリーダーとしてのジョン・ウィックは?

A:犬もいいがパンダもいいぞ!



「この間、一緒に飲みに行ったんだ(何を?)」

チャプター:キアヌ


“キアヌ・リーブスはアクションに向いていない”
断言します。
勘違いして欲しくないのはキアヌはアクション映画に向いていないのではないって事。

むしろアクション映画には向いています。
理由は以下。

・見た目がカッコいい!

・演技が上手い!

・オンリーワンな個性がある!

・名前が変なので覚えやすい!


キアヌは特定のアクションに向いていないんです。
中でも格闘シーンがイマイチ。スピード感があまりないんですよねぇ。

もちろんドニー・イェンや
ジェット・リーとは比べていませんよ。

さすがにそんなムチャはしません。


「シュワやスタやウィリスやハリソンよりも動きはいいぞ!」
そりゃそうですよ。彼らはロートルベテランなんだもん!
比べちゃいけないっていうかそもそも所属グループが違う。

どちらかというとキアヌは”ハリウッド俳優にしてはやるね”グループですから。
ちなみにグループ所属メンバーはマット・デイモン、リーアム・ニーソンなど。


キアヌが演じる銃撃シーン、どの映画でもハンパなくカッコいいんです。
ジョン・ウィックシリーズでもそれはしかり。続編でもガン・フーは大炸裂していますしね。
ただ、、、ジョン・ウィック2、冒頭で格闘シーンが展開されるんです。

これはどうかなと。イマイチな格闘シーンを冒頭の掴みに持ってくるのは、、、
掴みですからね。やっぱり凄くないと。
多分現場ではこんな感じだったのでしょう。さすがハリウッド!

キアヌ「純粋な格闘シーンを冒頭に入れるのはどうだろう?」

監督(雇われ)「それいいっすよね!」

キアヌ「格闘に自信はあるんだ。しっかりトレーニングもしてるしね」

監督(雇われ)「総合格闘技の大会に出れますよ!他の俳優とはレベルが違うっす!」

キアヌ「じゃあそういう事でよろしく」

AD「ハッキリ言ったらどうですか?格闘のみのシーンはあんまりよろしくないって」

監督(雇われ)「それじゃハリウッドでは生きていけない。
本人のやりたいようにさせるのが一番なんだ」

AD「あんた親かよ!」



“本人のやりたいようにやらせたら、、、坊主頭になりました(監督に怒られる)”


チャプター:フー


ジョン・ウィック:チャプター2はバリバリのアクションムービー。
色んなアクションがてんこ盛りなんですが、、、それぞれの名称に変な修飾語が付いております。
それは、、、フー!

ガンアクションはガン・フー。
ナイフアクションはナイ・フー
カーアクションはカー・フー。
エロスアクションはアハーン・フー。


まぁベッドシーンなんかもある意味アクションですから!ってやけくそに言いましたが。
とにかく続編では何にでもフーを付けちゃってるんですね。
このおバカっぷりには好感が持てました。

例えば”ガン+カンフー”=ガン・フー。
こんなノリの公式をいくつも作っちゃったんです。

残念ながら流行りませんでしたけど。


小学校とかで
「やっぱりガン・フーだよな!」
「いや、カー・フーだ!」
「オチンチン・フーだ!」

なんて会話もされず、まことに寂しい限りです。
やっぱり意図して流行らせようとするとダメなんですよ。
リベリオン(レビューはこちら)におけるガンアクション、”ガン=カタ”は流行りましたからね。


だけれどもここは開き直ってチャプター3ではさらにフーを増殖させて欲しいものです。
何事もとことんやりきれば受け入れられるんですよ。
ちなみにジョン・ウィック:チャプター3はただ今撮影中。

共演にハル・ベリーを迎えています。これは楽しみ。
彼女は数々のアクション映画に出演してます。実績は申し分なし。
アクションが似合う美人ですし、凄く華(&エロス)がありますからね。
今から興奮を隠せませんフー!



“シロメ・フーが炸裂!”

ジョン・ウィック:チャプター2 [Blu-ray]

新品価格
¥3,553から
(2018/7/26 16:02時点)


2018-07-26 | Posted in 映画, 洋画, アクションNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA