Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: Access denied for user 'star-load'@'localhost' (using password: NO) in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: A link to the server could not be established in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: Access denied for user 'star-load'@'localhost' (using password: NO) in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: A link to the server could not be established in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: Access denied for user 'star-load'@'localhost' (using password: NO) in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: A link to the server could not be established in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: Access denied for user 'star-load'@'localhost' (using password: NO) in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: A link to the server could not be established in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: Access denied for user 'star-load'@'localhost' (using password: NO) in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: A link to the server could not be established in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: Access denied for user 'star-load'@'localhost' (using password: NO) in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: A link to the server could not be established in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786
グランド・セフト・オートV アソブ・パルプ・フィクション - インドア娯楽の館

グランド・セフト・オートV アソブ・パルプ・フィクション


61mGCeqKS9L

GTA!GTA!GTA!


洋ゲーが嫌いだ。
大味な操作性、不親切なシステム、理不尽な難易度、やたらにグロイ表現。
日本製ゲームのようなきめ細かさなど微塵もない、それが洋ゲー。

もう遥か昔の事だけどね。
今や洋ゲーは上記に挙げた欠点を克服し、完璧超人に近い存在となった。
逆に和ゲーが落ち武者のように落ちぶれてしまったほどだ。


洋ゲーの中でも最も完璧に近い作品、それがグランド・セフト・オートシリーズ。
特にグランド・セフト・オートVはゲームの域を超えたかもしれない。
それぐらいの完成度。


よって全世界に信者が大勢生まれました。
彼らの特徴はとにかく

「GTA!GTA!GTA!」
狂ったように連呼する事。



“ここから観る夜景が抜群なんだ(シートを倒す)”



「人ってこんなに飛ぶんだな」


現役のストリートギャングも大絶賛!
連中の崇めるエンタメ作品はこんな感じ。
YO!YO!YO!な三種の神器。

・映画 スカーフェイス

・ゲーム グランド・セフト・オートV

・本 仕事は楽しいかね?


ただ信者の多い作品って俺は好きじゃない。
それにジャンルがオープンワールドだし。
好きにプレイしてちょ!っていう名の放置プレイなやつ。
苦手なんですよ。一本道ゲー信者ですからね、俺。

でも素通りは出来ない。世界一売れているゲームを無視するなんて。
なのでグランド・セフト・オートV、買いましたよ。
もちろんPS4版をね!



“豪邸の破壊も出来る。それがGTA!”



“廃車も簡単。それがGTA!”

新たな仲間、その名はスキップ


グランド・セフト・オートVには重要な機能が備わっています。
ヌルゲーマー救済装置、スキップ機能。
製作元であるロックスターはLAノワールという作品にも搭載させてました。

こだわりなんでしょうか。物凄くありがたい機能です。
全てのゲームに搭載して欲しい。
ただ、、、もっと大きく告知してよ!
今まで気付かなかったんですよぉぉぉ!


序盤で主人公達が宝石店を襲撃するんですね。
で、僕は二択で力押しする方を選びまして。
車を追いかけるんですけど逃げられてしまいミッション失敗。

何回やり直したことか。
結局嫌になって放り出しましたもん。



“2001年宇宙の旅in GTA”



“どこかでお見かけしたような地球外生命体”


今回ブログに書く為にグランド・セフト・オートVを再プレイしたのですが。

驚きましたよ
スキップ機能が付いているんだもん!


三回失敗すると”スキップしますか?”のメッセージが追加。
実際にそのシーンを飛ばすことが出来る!

これアップデートで追加されたんですかね?
最初からあったかなぁ。
もしかして俺ってば続けて三回以上プレイしなかったのか?


とにかくスキップ機能のおかげで再プレイの進行は上々。
作品としての評価もアナゴ上り。今は物凄く楽しんでいます。



「既に死んでいるのかYO!」



「お笑いウルトラクイズよりキツイYO!」

隠しアジトの三悪人


主人公が三人のプチ群像劇。
ゲームじゃ珍しいですよね。映画ではよくあるんだけど。
実際の内容は違うんですけどパルプフィクションという映画(コラムはこちら)を思い出しました。

パルプ・フィクションも主人公は3人ですし。
どいつもこいつもバッドガイですからね。
ただグランド・セフト・オートVの場合、バッドガイ度が高いんです。

1.マイケル 白人。金持ち。見た目ブルース・ウィリス、もしくはトム・サイズモア。

2.フランクリン 黒人。貧乏。見た目若かりしマイク・タイソン。

3.トレバー 白人。キチガイ。見た目ケイン&リンチの白い方。



“嗅がざる、言わざる、聴かざる。モンキービジネス三銃士”



「何がやりたいんだコラ!」


バッドテイストな3人が悪事を働きまくるってなゲーム。
最初は窃盗だったのが段々とスケールアップして暗殺や特務機関と戦ったり。
ちょっとヤバイですね、感覚が麻痺してくる。

だってグランド・セフト・オートVをプレイしているとこんなこと言っちゃいますもん。

「悪い事って、、、楽しい~!!!」


基本悪党キャラしかいませんからね。善玉がいない。
北野武の傑作映画、アウトレイジ(コラムはこちら)のキャッチコピーが”全員、悪人”でした。
グランド・セフト・オートVも同じです。

で、映画アウトレイジで一番魅力だったのが椎名桔平演じるバッドガイ。
グランド・セフト・オートVでそれにあたるのがトレバー。
パルプ・フィクションでいうと、、、いません!
トレバーってば悪すぎるからね。ただ妙に憎めないというか。



“気分はアクションスター!なトレバーさん”



“盗んだバイクで走り出す。フランクリンな青春”

実録!家庭内悪党誕生!


先ほどの章でお話したように、グランド・セフト・オートVは悪党になりきれるゲーム。
というか悪党発生装置といっていいかもしれません。
例として某ブログの管理人がいかにして悪党(家庭内限定)に落ちてしまったのか!?
その様子をこれから記載しますね。

プレイ時間 一時間~

グランド・セフト・オートVをプレイ。
楽しいな~夜景を見ているだけでもうっとり。
僕は夜景大好きですからね。

買い物をしたり、散髪したり、車でドライブしたり。
サンアンドレスをウロウロするだけでも楽しい。
おっと、人をはねそうになった!ゴメンね。
気をつけないと。ゲームの中でも人は生きているんだから。

プレイ時間 三時間~

あ、車にオカマ掘っちゃった。ヤバイ、逃げろ!
ストリップバーに行ってみる。ドキドキ娼婦審判な感じ。
踊り子をこっそり触る背徳感。お母ちゃんゴメン!

タトゥーを少し入れてみる。大丈夫かな、、、
武器屋?で武器を購入。歩く武器庫と呼ばれないか心配。
洋服も変えてみるかな。イメチェンだ、チョイ悪オヤジになってみよう。
うん、悪くないな!

プレイ時間 五時間~

「ファック!カマーン!ビッチ!」
PS4に向かって毒づいた俺。
早速プレイを始める。

「どけー!ゴミども~!」
歩道に向かって愛車を飛ばす。ついでに人も跳ね飛ばす。
人がゴミのようだ。

マッポがきやがった。クソが!
激しい銃撃戦で何人か殺ってやったぜ!俺はコップキラー、なめんなよ!
パトカーを撒いて憂さ晴らしに乗用車に追突。
降りてきたドライバーをぶん殴り、車を強奪。

甲高い声が耳障りだったので中年女をぶん殴る。
ついでにプライドの高そうなOLも。面倒なんで銃を乱射だ!
お前らはタダの記号!人間じゃねえしな!ヒャッハー!



「見てろよ、マッポども!」



「ドッカーン!ヒャッハー!」


色んな遊び方が出来る。いつまでも遊んでいられる。
そんなある意味究極のゲーム、グランド・セフト・オートV。
悪党のワンダーランド、ゲームの皮を被ったシン・パルプ・フィクション。

これさえあれば他にゲームはいらない。
シューティングゲーム、レースゲーム、格闘ゲーム、エロゲーム、ムツゴロウさんごっこ、、、
全部楽しめるからな!

グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】 (「特典」タイガーシャークマネーカード(「GTAオンライン」マネー$20万)DLCのプロダクトコード 同梱) [PlayStation4] – PS4

新品価格
¥5,240から
(2017/10/23 14:03時点)


2017-11-14 | Posted in ゲーム, 洋ゲーComments Closed 

関連記事