Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: Access denied for user 'star-load'@'localhost' (using password: NO) in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: A link to the server could not be established in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: Access denied for user 'star-load'@'localhost' (using password: NO) in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: A link to the server could not be established in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: Access denied for user 'star-load'@'localhost' (using password: NO) in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: A link to the server could not be established in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: Access denied for user 'star-load'@'localhost' (using password: NO) in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: A link to the server could not be established in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: Access denied for user 'star-load'@'localhost' (using password: NO) in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: A link to the server could not be established in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: Access denied for user 'star-load'@'localhost' (using password: NO) in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: A link to the server could not be established in /home/star-load/indoa-goraku.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786
ゼロガンナー2- 引き算の美学 - インドア娯楽の館

ゼロガンナー2- 引き算の美学



ゲーマー人種闘争


「ゼロガンナー2が出るんだって?やったぁ!」
「へえ、新しいガンナーが用意されたのか」
「しかもお手頃な価格!こりゃ買うしかねえな!」
「おい一万円だぞ!確かに今度はワールドだからな、ある意味お手頃価格かも」
「ドリキャス版はプレミアついてたからな」
「ドリキャス版?出てたっけ?プレミア?値崩れの間違いじゃないの?」


ゲーマーの方ならもうおわかりかと思います。

この会話はシューティング野郎と
モンハン野郎のやり取りです。


全くかみ合っていません。両者の気持ちはわかりますけど。
ゲーマーとしての人種がもう違うんですよ。
ただゼロガンナー2のスイッチ移植版とモンスターハンターワールド。
どちらも2018年1月に発売されたんですね。

発売時期がかなり近い。
だから冒頭のようなやり取り、日本のあちこちであった事でしょう。
「じゃあシューティング野郎かつモンハン野郎な俺はどうなるの?」
それは、、、一人で冒頭のやり取りをして下さい。


モンスターハンターワールドとゼロガンナー2、知名度に結構な差があります。
ゼロガンナー2は知る人ぞ知る名作STG。なので世間的にはモンハンなんでしょう。
発売日当日も家電量販店に並んでいた人もいたようだし。

確かにモンハンもいいかもしれない。だけどゼロガンナー2だっていい!
なのに一部でしか注目されていないのは哀しい。
だから当コラムでゼロガンナー2の素晴らしさをアピールしていきます。



「民間機?関係ねえ!」



「まだ残業してんのか?」


ゼロガンナー2におけるミッション説明会


お集まりのシューター諸君!
今回のミッション、ゼロガンナー2についてまずは説明しよう。
彩京が世に送り出した最後のシューティングゲーム。
硬派にも程がある全編フルポリゴンの縦スクロールSTGである。

360°全方位攻撃が売りの作品だ。
まずはアーケードでデビュー。その後、ドリームキャストに移植。
奇しくも本作が出た2001年はSTG包囲網が360°展開されていた年。


「シューティング?そんな時代じゃねえ!」
こんな輩がウヨウヨしていたのだ。よってゼロガンナー2もヒットせず。
パッとしないまま終わってしまった。

ちなみに本作はNAOMI基板で創られている。
「提督!NAOMIとは藤山直美のことでありますか?」
「提督!NAOMIとはナオミ・ワッツのことでありますか?」
「提督!NAOMIとはSEGA社長の愛人のことでありますか?」

ええい!しずまれい!
ワシが名付け親ではない!知らぬわ!
モデル繋がりでナオミ・キャンベルにあやかったと聞いてはいるが、、、ウソっぽいな。

多分SEGA社長の愛人から取ったんだろう。


ゼロガンナー2はヒットこそしなかった。
だが後にドリキャス版において、”値崩れ⇒プレミアが付く”
STGにはお馴染みのスーパーコンボが炸裂!今に至るというわけだ。

そして2018年、ついに最新母艦スイッチにゼロガンナー2-として搭載。
まだまだ調整が必要ではあるが、、、非常に喜ばしい事だ。
かつて栄華を誇った戦艦”彩京”その無念を晴らす時が来たのだ!
シューター諸君!健闘を祈る!



「都会って、、、いい!」



“巨大ロボ登場。その名もBANCHO”


ゼロガンナー2-、よ~く見ろ!


細かすぎて伝わらないモノマネ選手権ってありますよね。
確かとんねるずの番組でしたっけ?
もし細かすぎて伝わらないタイトル選手権があるならば。
ゼロガンナー2-は優勝するかもしれません。

ゼロガンナー2-、厳密にはゼロガンナー2じゃないんですよね。
タイトルをよく見て下さい。ちっちゃく-がついてるでしょ?

これゴミじゃありません、マイナスです。


「もしかして出来が悪いからこっそりマイナスを付けたのか?」
そんな事はしていません。実は資料が死霊になってしまったのですって!
わかりにくい?簡単にいうと当時の資料が見当たらなかったらしいです。

だから一から創りなおし!って事。
僕はゼロガンナー2自体を知らなかったので別にいいですけど。
とにかく面白ければいいんです。


で、プレイしてみました。
「これってレイストームの続編?」
そう思いましたね。もちろんパクリとかではなくて。
演出が素晴らしい。敵ボスもロボットタイプで変形をかましたり。
レイクライシスよりレイしてました。

ただ難しいんですよね。
ターンマーカーという攻撃システムがあるんですけど。
これがもうわけわかんない。
どれぐらいわけわかんないかというと言葉に出来ないぐらい。

「ターンマーカーについて説明しなさい」

先生にそう言われたら棒立ちになってしまうでしょう。


あとゼロガンナー2-、結構バグがあるんですよ。
色々あるんですが、僕の場合一番気になったのがBGMが鳴らない事!
まぁBGMがSTGにとっていかに大切なのか?再認識させられたので良しとしますけど。

ただ売りっぱなしでバグを放置しているわけでありません。
ゼロガンナー2-の製作元であるゼロディブ社長のブログを読めばわかります。
(ブログはこちら)

ゲーム業界にしては珍しく誠実そうな人ですよね。なんだかいい人っぽい。
ちなみにシューターと呼ばれる人達もいい人が多そうですよ。
だって彼らはお布施をしますから。
パッケージ版を何本も買ったり、合わせてダウンロード版も買ったり。
既に出ているSTG、内容はほとんど同じだけど違う機種で出るとまた買ったり。


課金とは違うんです。課金に愛は無い、あれはただの依存症。
お布施にはちゃんと愛がある。作品に対しての溢れる愛が。
その違いをしっかり把握してくださいね。

というわけでゼロガンナー2-今後のアップデートに期待しましょう。
(追記:2/5のアップデートでバグ対応済み)
シューティングゲームは愛だ!



「反射レーザー?お前は、、、Rの系譜の者かっ」



“未来都市ネオTOKIOにおける戦闘”


全てのSTGはスイッチに集まる(のか?)


「Oh!ニンテンドーディーエス!」
宇多田ヒカルがかつてニンテンドーDSのCMでこう叫んでました。
でもニンテンドースイッチのCMに宇多田ヒカルは出ていません。
見た目アンドロイドのような爽やか男女しか出ていなくて、、、寂しいなぁ。

従って
「Oh!ニンテンドースイッチ!」
このような叫びも聞く事が出来ません!何故だぁぁぁぁ!!


というわけで(何が?)ニンテンドースイッチですよ。
彩京のシューティングゲームが何本も移植されています。しかもスイッチ独占。
以外でしたよ。こういうのっててっきりPS4じゃないかと思ってたんで。

スイッチってぶっちゃけ任天堂のゲームをする為だけに買いました。
つまり手持ちソフトの数がどうしても少なくなる。わかっちゃいたけど、、、寂しい。
そういった寂しさを解消してくれたのが彩京STGの数々。STG大好きですからね、ヘタだけど。


今後も彩京STGは移植されるようです。
非常に喜ばしい事ですな。

この調子で他のSTGも
スイッチに集まって欲しい。


レイフォース、ネビュラスレイ、、、いくらでも名作はあるのだから。
なんだったら任天堂がSTGを創っても構わないんだぜ!
「Oh!ニンテンドーシューティング!」



「落ちろっ!カトンボ!」



「おまえだけは、、、おまえだけはっ!」


2018-02-03 | Posted in 和ゲー, ゲーム, シューティングNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA